メキシコで、ムッチャアミーゴ!

テオティワカンとチチェン・イッツァ

テオティワカン

古代都市テオティワカンとして、1987年に世界遺産(文化遺産)に登録されています。

メキシコシティ北東約50キロの地点にあり、紀元前2世紀から6世紀まで存在した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡が、テオティワカン (Teotihuacan)。当時のアメリカ大陸では最大規模を誇っていたといわれています。テオティワカン人の宇宙観、宗教観を表す極めて計画的に設計された都市となっているそうです。

太陽のピラミッド、月のピラミッドそして南北5キロにわたる道(「死者の大通り」)が基点となり各施設が配置されています。この都市で祀られた神々は…

  • ケツァルコアトル:農業・文化と関係深い。
  • トラロック:水神
  • チャルチウトリケ
  • シペ・トテック:植物の再生と関係があるとされている。

などです。

古代都市に固有の城壁が存在しないことから戦争や圧政のない平和な都市と考えられていたが、近年の発掘調査の結果から、多数の殉教者、生け贄を捧げる風習が存在したことが判明し、戦士の壁画も発見されています。

社会についてはあまり知られていないのですが、規模から考えると神権的な権威が存在し、高度に階層が分化し、発達した統治組織があったものと推測されています。市内には職人の地区が設けられ、盛んな商業と交易の中心地であり、農民たちの巡礼となって集まる信仰の中心地でもあったようです。太陽のピラミッドの地下には、人類の起源の地との伝説のあるチコモストックをおもわせる七つの洞穴が枝状につながる洞窟があったため、都市を建設する際の立地条件となったのかもしれないそうです。

紀元前50年にテスココ湖の南方に立地したクィクィルコがシトレ火山の噴火によって埋まると急速に発展し、都市の面積は約20平方キロメートルで、最盛期には、10万から20万人が生活を営み下水網も完備されていました。しかしながら人口の集中に伴い下水道もその処理能力を超えるようになり、やがて旱魃等の災害により、治安が悪化、滅びを迎えていくことになりました。

テオティワカンとは、「神々の都市」という意味で、これは後にこの地にやってきたアステカ人が命名した。

  • 太陽のピラミッド (高さ65 m、底辺222 m×225 m)
  • 月のピラミッド (高さ47 m、底辺140 m×150 m)
  • 死者の大通り (南北に貫く都市のメインストリート 長さ4 km、幅45 m)
  • ケツァルコアトルの神殿
  • ケツァルパパロトルの宮殿

が、あります。

チチェン・イッツァ

ユカタン半島のユカタン州州都メリダの東、約120キロメートルにある「後古典期マヤ」の遺跡で総面積は約1.5平方マイル。半島のつけ根の密林にあるティカルは「古典期マヤ」の遺跡になります。

カスティーヨ

マヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿の神。ケツァルコアトルのマヤ語名)を祀るピラミッド「カスティーヨ」は、基底55.3メートル四方、高さ24メートル(頂上の神殿部分は6メートル)。

大きな9段の階層からなり、4面に各91段の急な階段が配されていて、最上段には真四角な神殿がある。ピラミッドの階段は、4面の91段を合計すると364段で、最上段の神殿の1段を足すと、丁度365段である。また1面の階層9段は階段で分断されているので合計18段となり、これらはマヤ暦の1年(18ヶ月365日)を表すとされています。このことから「暦のピラミッド」とも呼ばれています。

北面の階段の最下段にククルカンの頭部の彫刻があり、春分の日と秋分の日の太陽が沈む時、ピラミッドは真西から照らされ階段の西側にククルカンの胴体のような陰が現れ、これが「ククルカンの降臨」と呼ばれています。この仕掛けも、日本でも話題になっていました!マヤ歴がどれほど信憑性が高く、高度な技術によってつくられたものかという根拠のひとつとしてスポットが当たっていた気がします!

このカスティーヨ内部には初期のトルテカ=マヤ方式のピラミッドが内蔵されているんです!そして、ジャガーをかたどった玉座や生贄の心臓を太陽へ捧げたチャクモール像などが置かれているんです。さらにこの像の目にはめこまれた翡翠は中国製である事が判明し古代の謎となっているそうです!

そんなこんながあるからでしょうか?2007年7月に、新・世界七不思議の一つに選ばれているんだそうです!

出た!七不思議!高まるわーー!

球戯場

チチェン・イッツァには、球戯場があります。

左右の壁に取り付けられた丸い輪っかにゴム製のボールを入れて得点を競うゲームがおこなわれていたらしいのです。今で言うサッカーのような競技で、試合が白熱するほど雨が降り豊作になると信じられていたようです。しかし、何と言っても「生贄信仰」の球技ですから、そうですこのゲームの先には生贄が待っていました・・。

驚くべきはその生贄となるのは「勝者」であること!神様への生贄ですから、より強い者を・・。という考え方なんでしょうね~~。でも、そんな試合に対するモチベーションってどんなだったんでしょう・・。強い信仰心がなければそんな試合に出たところで、ノンビリと負けることを選んでしまいますよね・・。マヤ文明やアステカ文明の中で、どこにでもついてまわるこの「生贄文明」はあの底抜けに明るいマミーゴなメキシコにどうしてもつながらないような、そんな強くてディープな信仰心の裏返しがあの明るさにつながっているような・・。

深いぞ!メキシコ!深いぞ!アミーゴ!Muchas gracias!amigo!