メキシコで、ムッチャアミーゴ!

メキシコ料理といえば、サルサ!

まさに、サルサソースの瓶を抱えて買い物から帰ってきた友達に出くわした!むしょーに食べたくなったんだとか!後を引くおいしさ!時々むしょ~~に食べたくなる味!!それがサルサ!

サルサ(スペイン語:salsa)とは、スペイン語では水分の多い調味料全般を指すが、その他の地域ではスペインおよびラテンアメリカで料理に使われる液状調味料の総称として用いられる。例えば醤油はスペイン語でサルサ・デ・ソヤ(salsa de soya)つまり「大豆のソース」という。語源は英語およびフランス語の「ソース」(sauce)同様、ラテン語で「塩」を意味するサル。

サルサもひとつじゃぁありません!

サルサ・ロハ(salsa roja=赤いサルサ)

トマトを主体に、スペイン唐辛子の「サルサアルボル」、コリアンダーなどから作られるソース。

お気づきの通り、辛いです!赤いのはトマトもだけど、唐辛子ですから!!これに、たまねぎ入れたりニンニクしれたり、材料を火であぶってからミキサーにかけたり・・。レシピのバリエーションは広そうです!

サルサ・ベルデ(salsa verde=緑のサルサ)

パセリとアンチョビが主体の緑色のサルサソースのようですね。このソースには唐辛子系を入れないので、辛いのニガテな方はこちらのソースがよろしいかも♪

  • パセリ
  • アンチョビ
  • にんにく
  • ケイパー
  • レモン汁
  • オリーブオイル

ここらを使い、ゆで卵の黄身が入ったりビネガーを効かせたり・・。やはりいろいろなレシピがありますね・・。

トマティーヨ(オオブドウホオズキ)のサルサ。

トマティーヨは、ナス科の植物で、その小さな球状の緑または紫がかった果実なのですが、これを使うんですね。和名はオオブドウホオズキ。というだけあって、パッと見は緑のホオズキ!メキシコでは、トマティーヨはトマテ・ベルデ(tomate verde、緑のトマト)と呼ばれ、メキシコ料理に欠かせない食材のようです。その名前はちがって、トマトの一種ではないのですが、同じナス科で・・。そういえば、つい最近明治時代のドラマの中で、トマトのことを「赤ナス」って言ってたわ!!トマトって、ナスなんですね・・。ん?ちょっとオカシイ??

レシピとかをみると…。やっぱりちゃ~~んとトマティーヨで作っていますね!グリーントマトとかで代用しちゃったりしないんだぁ!

  • トマティーヨ
  • セラノペッパーorハラペーニョ
  • シラントロ/コリアンダーの葉
  • ライム絞り汁

なにせソースですからフードプロセッサーに入れてが~~っとまわせば出来上がりみたいです!このほかに、たまねぎヤニンニクを入れたりもするようです。なにせ、ソースですから♪タコスだけでなく、辛味のスパイスとして便利に使えそうです!「トマティーヨ」を手に入れることができればの話しですが・・。こんな材料でできるようです!

サルサ・クルダ(salsa cruda=生のサルサ)

主にトマト、タマネギ、唐辛子とコリアンダーを刻んで混ぜ合わせたサルサ。メキシコでは緑色の唐辛子とコリアンダー、白いタマネギ、赤いトマトで構成されていることから国旗になぞらえてサルサ・メヒカーナ(salsa mexicana)とも呼ばれているそうです。

これは、日本のタコライスとかの上にかかってそうな見た目です!「生」っていうくらいだから、フレッシュな感じです!きっと家でつくるのなら緑の唐辛子、パラペーニョとかの量を調節して、お好みの辛さに♪ってできそうですね~~。

ピコ・デ・ガヨ(pico de gallo)

メキシコ北部とアメリカ合衆国でいう、サルサ・クルダの別名になるようです。意味は「雄鶏のクチバシ」!なぜ??材料が鶏の餌ににていることから・・とかって説もあるらしく・・。でも、美味しい鶏の餌ですよね~~。

サルサ・ブラバ(salsa brava=ワイルドなサルサ)

カタルーニャ州のジャガイモ料理、パタタス・ブラバス(patatas bravas)用のソース。

  • ホールドトマト缶
  • オリーブオイル
  • ガーリックパウダー
  • パプリカパウダー
  • チリソース又はタバスコ
  • ワインビネガー
  • 小麦粉
  • GOYA sazon

ある、レシピにはこんな材料が載っていました!どうやら、サルサには火にかけて煮詰めるタイプとサルサ・クルダのように生のサルサとあるようですね。こちらは煮詰めるタイプようです。このソース揚げたじゃがいもとかにあうそうですよ!タベテミタイ!

サルサ・ランチェラ(salsa ranchera=牧場のサルサ)

トマト、タマネギ、ニンニク、唐辛子(チレ・セラーノ)を軽く煮込んで作るサルサ。火を通すサルサソースです。メキシコの卵料理ウエボス・ランチェロス(huevos rancheros)には欠かせないソースだとか。

  • トマト
  • 青唐辛子(これが、メキシコだとチレ・セラーノになるわけです)
  • 玉ねぎ
  • ニンニク
  • オリーブオイル

このあたりの材料で作れるらしいのですが、もはやどれもこれも同じ味になりそうで、コワイ・・。

リャフア(llajua/llajwa)

ペルーやボリビアで使われるサルサソースだそうです。サルサ・クルダのようなもので、、アヒ・アマリージョもしくはロコト、生タマネギのみじん切り、ダイスカットトマトにお塩。日本での醤油と同しような立ち居地だそうで、食卓には欠かせないアイテムです。

これは、もはやペルーからボリビアへ飛んでしまいました・・。恐るべし!サルサソース!日本の醤油がソイソースという立場を世界で確立したように、サルサソースも世界での地位が確立しているのでしょう!

モーレ(Mole)

チョコレート味のモーレ・ポブラーノが最も有名な、カカオに唐辛子、シナモン、クローブ、トマト、玉ねぎ、パン、ナッツ、バナナ、レーズン、ごまなど20種類以上の材料を混ぜ合わせるらしく、チョコレートソースです!!えぇぇぇぇ~~!って感じですよね・・。七面鳥とか、お肉にかけたりするらしいんですけど・・・。試すにはかなり勇気がいりそうな・・。でも、食べてみたいかも・・。

ワカモレ(Guacamole)

アボカドのサルサ。

個人的にはこれが一番食べてみたいし、好かと・・。

  • アボガド
  • 玉ねぎ
  • トマト
  • 青唐辛子とかハラペーニョ
  • ライム(レモン)汁(やっぱり、パクチーとか入れてもいいみたいです)

とかが材料・・。

つまりスパイシーなアボカドディップってことだね♪

そりゃぁ、何にでもあいそうだわ!そしてここぞとばかりに活躍してくれそうなのが「ドンタコス」ではないでしょうか?!

そしてビール!!ビール!!ビール~~~!!!

メキシコビール

メキシコビールの「テカテ(TECATE)」ってのが、メキシコの国民的ビールとなっていました。缶ビールで、口のところに塩ふったり、ライム絞ったり、レモン絞ったりして飲む、王道のメキシコパターン!う~~ん!すすみそうだ!!

「ドス エクス」ってのが有名なのかな・・。DOS EQUIS XX「アンバー」は、黒ビールといつものビールのハーフ&ハーフな感じのビールだそうです。

DOS EQUIS LAGER「ラガー」はつまりのところラガービールなので普通な感じ。

「トレンディードラマ」というやつで一世風靡したコロナビール(Corona beer)は、ライムを細くくしぎりにしたヤツを瓶に差し込んで、そのままラッパ飲み(って最近言います??)がお作法でサレオツなビール!夏だね~~。ラテンだね~~ってビールです!

ボヘミア(BOHEMIA)は、どーやらコンテストとか優勝経験のあるビールのようで、コクがあるタイプだそうです。

結局、酒の方向に戻ってきてしまいましたが・・。もう完全にタコスとビールの口になってしまいましたから~~!!!