メキシコで、ムッチャアミーゴ!

メキシコの有名人

メキシコの有名人といえば・・。やっぱり、ルチャ・リブレのミル・マスカラス?古すぎ??

先ずは、メキシコのプロレス、ルチャ・リブレから・・。

メキシカンスタイルのプロレスのことをルチャリブレといいます。メキシコではかなり人気の高い大衆芸能兼(?)格闘技で、数千人の競技人口になるとか!ハデハデなマスクが特徴的でもあります。このマスク、アステカの文化的背景から神聖視されているもので人前では決してマスクを脱がないのはもちろんのこと、死後にもマスクを脱がず、マスクをしたまま葬儀が行われた選手もいたほどだそうです。

ルチャ・リブレ

ルチャのレスラーは「ルチャドール」女性は「ルチャドーラ」と呼ばれ、「テクニコ(テクニカ)」と「ルード(ルーダ)」の「ベビー」と「ヒール」が確定されているのも特徴的。マスクの色でベビーかヒールかが分かったりもするらしく、「勧善懲悪」のストーリーがリングの上で繰り広げられるわけですね。その、ルチャのスターは「エストレージャ」さらにスーパースターは「スペルエストレージャ」とも呼ばれています。

日本の「女子プロレス」のような女子専用の団体はなくて、男子の試合の前座だったり、すごいのは男女混合戦で戦ったりもあるそうです!

さらに、、覆面(マスカラ)や髪(カベジェラ)などを賭けて行うコントラ・マッチもオモシロイ!このマスクは「神聖視」されているものですから、これを剥がされるということは…。そーゆーことなんです!選手同士の因縁の清算として行われるらしく、敗者はマスクを失ったり、髪を失うことになるんですね。マスクを剥がされ、素顔を晒すとき、同時に本名と出身地も公にされるらしくこれでマスクマンとしての生命は完全に絶たれてしまうわけです。また、髪を失うということ、丸坊主になるということはメキシコ人にとって非常に屈辱的なことなんだそうです。なので、タイトルマッチ以上のビッグゲームとなり、「本日のメイ~~~ンイベント~~」になることがほとんどのようです。

ミル・マスカラス

ザ・グレート・サスケが、岩手県議会に覆面で登院することがあれだけ問題になって、それでもマスクをつけていたのは、政治的問題だけでなく、そのスピリッツがあったから??とあのころの記憶がさまよってきました・・。と、また、日本の有名人になってしまいそうなので、ルチャ・リブレの日本でおなじみといえば、空中殺法のミル・マスカラスです!

  • 本名:アーロン・ロドリゲス(Aaron Rodriguez)
  • 生年月日:1942年7月15日生まれ
  • ニックネーム:千の顔を持つ男 仮面貴族
  • 入場テーマ曲:『スカイ・ハイ』

レスリングではメキシコ代表として1964年東京オリンピックの候補にもなったミル・マスカラスは、1965年7月大キャンペーンの後、メキシコの大会場アレナ・メヒコでデビューすることとなりました。日本から遠征して来た渡辺貞三から空手や柔道なども習ったそうです。

1968年から1971年にかけてNWAハリウッド・レスリングを主戦場に絶対的なベビーフェイスとして活動し、NWAアメリカス・ヘビー級王座を通算4回獲得。巨漢ヒールブル・ラモスとの抗争は髪と覆面を賭けて闘うカベジェラ・コントラ・マスカラやチェーン・デスマッチにまで発展しました。

日本では「悪魔仮面」などとも呼ばれたが、試合毎にマスクを変えることから "千の顔を持つ男" と呼ばれた。そして、リングに入場する際、マスクの上に別のマスクを更に被り、そのオーバーマスクを投げファンにプレゼントするパフォーマンスが日本でたくさんの人気を集めることとなりました。

得意技

  • フライング・クロス・チョップ(フライング・クロス・アタック)
  • ダイビング・ボディ・アタック
  • ドロップキック
  • プランチャ・スイシーダ
  • ロメロ・スペシャル
  • ヘッドシザーズ・ホイップ
  • メキシカン・ストレッチ
  • サーフボード・ストレッチ

獲得タイトル

  • WWE殿堂入り式典(2012年)

CMLL

  • ナショナル・ライトヘビー級王座 : 2回

NWAハリウッド・レスリング

  • NWAアメリカス・ヘビー級王座 : 4回
  • NWAアメリカス・タッグ王座 : 2回(w / アルフォンソ・ダンテス、レイ・メンドーサ)

NWAビッグタイム・レスリング / WCCW

  • NWAアメリカン・タッグ王座 : 1回(w / ホセ・ロザリオ)
  • NWAテキサス・タッグ王座 : 1回(w / ホセ・ロザリオ)
  • WCCWタッグ王座 : 1回(w / ジェフ・ジャレット)
IWA
IWA世界ヘビー級王座 : 1回(国際プロレスが認定していた同名の王座とは別物。1970年代中盤に活動していたアメリカ北東部の独立団体の認定タイトルだったが、団体崩壊後もマスカラスの虎の子のタイトルとして、長期間にわたって防衛戦が続けられた。日本でも1980年代に、チャボ・ゲレロ、ジプシー・ジョー、天龍源一郎、マイティ井上らの挑戦を受けたことがある)
WWA
WWAヘビー級王座 : 1回
ALLL
ALLLヘビー級王座 : 1回(日本でも1978年にエル・ハルコンを相手に防衛戦が行われた)
HWP
HWPアメリカ王座 : 1回
全日本プロレス
PWF・USヘビー級王座 : 1回(日本でザ・デストロイヤーから奪取)
NWA
NWA殿堂 : 2009年度
WWE
WWE殿堂 : 2012年度

入場曲「スカイハイ」はあまりにもポピュラーな曲となりましたよね・・。確か、音楽の時間にもかかった記憶が・・。ブラバンの曲とかになったんだったか・・??

歌詞に「君に恋したのに、君は僕を空高く吹き飛ばした」とあり、つまり失恋の歌・・。でも、「君は僕を空高く吹き飛ばした」てっ!!プロレス入場曲としてもバッチリぢゃーないですか♪